九星気学の基本知識

九星気学

九星気学での占いは命術(めいじゅつ)と言われるジャンルになります。

生まれた年、生まれた月、生まれた日から、その人の本質や適性運命の流れ、さらには吉方位を知ることができます。

九星気学は、中国に古くからある陰陽五行と干支の考えに、九星を加えて明治時代の日本で発展した占術といわれています。

スポンサーリンク

九星気学の「九星」の考え方

人はこの世に生を受ける時、その人それぞれの魅力を与えられて生まれてきます。

個性とも言いかえることができるものでしょう。

その魅力は【あなたが生まれた瞬間に吸い込んだ天が発するエネルギー】によって作られます

天が発するエネルギーは9つに分かれ九星と呼ばれています。

九星は、自分の生まれた年、月、日によって与えられています。

主に運勢や本質を見るのは生まれた年の九星で、これを本命星といいます。

一白水星いっぱくすいせい 二黒土星じこくどせい 三碧木星さんぺきもくせい 四緑木星しろくもくせい 五黄土星ごおうどせい

六白金星ろっぱくきんせい 七赤金星しちせききんせい 八白土星はっぱくどせい 九紫火星きゅうしかせい

自分の本命星がわからない方はこちらでチェック

一白水星が本命星の場合を例に挙げてみましょう。

一白水星は、一白水星のエネルギーが循環している年に生まれたということですから【生まれた瞬間に一白水星のエネルギーを吸い込み、一白水星の魅力を与えられている】ということになります。

スポンサーリンク

九星気学の「五行」の考え方

ここでもう一度、九星の9つの星をよく見てください。

数字と色の組み合わせの次に、水星、土星、木星、金星、火星がついていますね。

この水、土、木、金、火は五行と呼ばれる5つの精です。

五行の考え方では、世の中のすべての物は、五行(木・火・土・金・水/もく・か・ど・ごん・すい)に分けることができるとされています。

一白水星であれば五行は水になり【水のような性質を持っている】ということです。

また、五行のエネルギーには流れがあります。

エネルギーは、木から火へ、火から土へ、土から金へ、金から水へ、水から木へ、という具合に流れていて手助けをしてくれるのです。

一白水星の場合でいうならば、一白水星は水ですから、水をを助けてくれるのは金になります。

つまり、一白水星の人がパワーアップしたいときには金のエネルギーを活用すればいい、一白水星の人にとってのパワーアップアイテムは金に関連するもの、ということになります。

スポンサーリンク

九星気学で自分を知る

このように、人にはそれぞれ生まれ持って身についている魅力があり、その魅力の発揮の仕方があります。

自分の魅力ではないところをいくら磨いても、本来の魅力は発揮されません。

生まれ持った魅力と、その魅力を活かす方法を知ることができるのが九星気学なのです。

自分の本命星をクリックして、持って生まれた魅力や個性、適職、相性、吉方位を知りましょう。

一白水星いっぱくすいせい 二黒土星じこくどせい 三碧木星さんぺきもくせい 四緑木星しろくもくせい 五黄土星ごおうどせい

六白金星ろっぱくきんせい 七赤金星しちせききんせい 八白土星はっぱくどせい 九紫火星きゅうしかせい

自分の本命星がわからない方はこちらでチェック

監修・文責 瑚河 慧(こかわ けい)
占い師・ヒーラー、株式会社atelier K代表。
都内有名占い館での対面鑑定を経て独立。
対面による占い鑑定、ヒーリングセッションのほか、占いレッスン、電話鑑定、メール鑑定、電子書籍やコンテンツの執筆・監修などを行う。
鑑定については 瑚河慧オフィシャルサイト をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました