ワンドの10/Wands 10

タロット

タロットカード、小アルカナの意味を解説していきます。

ここでは、ライダー・ウェイト版を使って説明していきます。
実際の占いでは、カードのコンビネーションなどによって意味が強まったり弱まったり、また、読み手(リーダー、占い師)のセンスによって意味が変わってくることもあります。

ここで紹介するイメージは、あくまで筆者のイメージであり、意味はごくごく基本的なものです。

スポンサーリンク

ワンドの10(Wands 10) イメージ

ワンドのスートは、仕事に関することや、争い・競争がテーマ。

※スートの意味はこちらから

ワンドの10のカードには、一人で10本のワンド(棒)を抱えている人物が描かれています。

見るからにハードそうです。

この絵から見て取れるように、ワンドの10のカードは、仕事の量の多さや責任の重さを表しています。

不思議なことに、仕事って、頑張れば頑張るほど量が増えて、責任も重くなるんですよね。

日がな一日、会社で新聞を読んでいるおじさんは何をしてるんでしょうかね。

正位置では、責任を一人でまっとうしようと奮闘をすることを表します。

あまり良いニュアンスでないことが多く・・・

一人なんでもやろうとする人、一人で仕事を抱えちゃう人、人に任せられずに全部やりたがる人、のイメージです。

ただ単に、仕事の段取りが悪くて仕事を抱えちゃっている場合もあります。

物理的に仕事を抱えているだけでなく、精神的なプレッシャーを意味することもあります。

いずれにしても、本人はしんどい状況です。

恋愛では、お付き合いや結婚のプレッシャーを抱えちゃっている状態、かな。

逆位置になると、自分で抱えるのではなく、人から仕事や責任を押し付けられる状態になります。

また、抱えすぎて二進も三進もいかない状態になっているときもワンドの10の逆位置です。

恋愛では、プレッシャーに負けて、もうムリ!って投げ出しちゃう感じです。

正位置よりも逆位置の方が、ハードさは強くなります。

ワンドの10のカードは、正位置でも逆位置でも、一人で抱え込まないこと、周囲の人に仕事を振る、悩みを話すってことがポイントです。

スポンサーリンク

ワンドの10(Wands 10) 意味

基本の意味 正位置

窮地に立たされる、仕事と責任の重さ、押しつぶされそうな重荷、重圧、負担、時間が足りない、重さを自分でしょっている(周りに頼れる人・頼める人がいるはず)、ペース配分ができない、広げすぎた仕事、努力はしても成熟はない、プレッシャー、心配が誘発する病気、脊髄・背中・心臓のトラブル、スランプ

基本の意味 逆位置

誰かの悪意による重荷、精神的疲労から健康を害する、自己中心的考え、人を踏み台にしてのし上がる、強引に突き進む、陰謀、反逆、密通、裏切り、長期化、しがみついている、自分の愛が実らないと思いこむ

スポンサーリンク

ワンドの10(Wands 10) 解釈例・1

片思いの相手の気持ち 正位置

お相手様は、あなたに特別な感情を抱いているようです。

でも、あなたと付き合ったときのことを考えると、プレッシャーを感じてしまうよう。

責任感が強い方なのかもしれません。

まずは友達のようなカジュアルな感覚でコミュニケーションを取っていきましょう。

片思いの相手の気持ち 逆位置

お相手様は、恋愛をする自信がないようです。

過去に恋愛で失敗をしているのか、恋が実った経験がないのかもしれません。

自分は恋愛がうまくできないという思いこみがあるみたい。

あなたからコミュニケーションを心掛けて。

スポンサーリンク

ワンドの10(Wands 10) 解釈例・2

恋人の気持ち 正位置

お相手様は、お付き合いの先行きにプレッシャーを感じているようです。

お付き合いが長くなるにつれ、そのプレッシャーも大きくなってしまっているみたい。

特に、将来の話しは控えめに。

お相手様の不安を解きほぐすようなコミュニケーションを。

恋人の気持ち 逆位置

お相手様は、お付き合いのプレッシャーに負けてしまいそう

楽しいことよりも、責任の方を考えてしまうみたい。

良い意味で、将来を期待していない雰囲気を作って。

スポンサーリンク

ワンドの10(Wands 10) 解釈例・3

復縁の相手の気持ち 正位置

お相手様は、復縁にはあまり前向きではないようです。

恋人としての責任に追われることになるのがイヤみたい。

恋愛よりもやらなければいけないことを抱えている様子でもあります。

復縁はあきらめるのがベターかも。

復縁の相手の気持ち 逆位置

お相手様は、復縁は考えていないようです。

やらなければいけないことをたくさん抱えて、恋愛そのものに意識を向ける余裕がないみたい。

そのため、誰とお付き合いしても恋人らしいことができないと思っているよう。

復縁はあきらめるのがベターかも。

スポンサーリンク

ワンドの10(Wands 10) 解釈例・4

仕事 正位置

一人で仕事を抱えすぎているようです。

周囲の人に頼める仕事もたくさんあるはず。

周囲を使うことを覚えていきましょう。

自分でやることだけが、責任感ではありません。

仕事 逆位置

ほかの人の仕事までやるはめになっているのでしょうか。

パンク寸前です。

自分のマター以外は引き受けない、NOと言える強さを身に着けていきましょう。

監修・文責 瑚河 慧(こかわ けい)
占い師・ヒーラー、株式会社atelier K代表。
都内有名占い館での対面鑑定を経て独立。
対面による占い鑑定、ヒーリングセッションのほか、占いレッスン、電話鑑定、メール鑑定、電子書籍やコンテンツの執筆・監修などを行う。
鑑定については 瑚河慧オフィシャルサイト をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました