月/The Moon/ムーン

タロット

タロットカード、大アルカナの意味を解説していきます。

ここでは、ライダー・ウェイト版を使って説明していきます。

実際の占いでは、カードのコンビネーションなどによって意味が強まったり弱まったり、また、読み手(リーダー、占い師)のセンスによって意味が変わってくることもあります。

ここで紹介するイメージはあくまで筆者のイメージであり、意味はごくごく基本的なものです。

スポンサーリンク

月(The Moon) イメージ

月のカードは、夢の世界や潜在意識を表現しています。

夢の仕組みは解明されていませんが、潜在意識と密接な関係があるとされています。

予知夢だったり、夢の中でのお告げ・暗示も、無意識の中でキャッチしていることが夢として表れているのかもしれません。

動物は、言葉が話せないかわりにテレパシーのようなものを持っていたり、カンが鋭かったりします。

野生のカンという言葉があるように、人間にも昔は備わってい能力だといわれています。

進化の過程で言葉を得た人間は、こうした能力が失われてきてしまったのですね。

月のカードには生物の進化そのものが描かれていますが、こうしたことが暗示されているのです。

月のカードは正位置・逆位置ともに、直観力やサイキック能力を意味します。

目には見えない不思議な力を持っている人に出るカードです。

それから、闇のイメージもあります。

物理的な暗闇というよりも、精神的な闇の意味合いが強くなります。

正位置では、闇の中で何も見えない状態を表します。

強い不安感やウツ的状態、インスピレーションが研ぎ澄まされすぎて神経過敏になっている状態です。

逆位置では、夜が明けて闇が薄れていく状態。

見えなかったものが次第に見えてくることを表現されています。

不安感やウツ的状態が収まってきたり、わからなかったことがおぼろげにわかってきたり

月のカードは、人の意識がフューチャーされているカードです。

スポンサーリンク

月(The Moon) 意味

基本の意味 正位置

精神的に不安定、ウツ的状態、スキャンダル、あいまいさ、隠された敵、隠れた動き、曇っていて見えない、恐怖、不安、秘密、不誠実、苦悩、幻覚、欲求不満、嘘、偽り、中傷、失敗、悪影響、警告、困難、不健康、疑い、サイキック、直感力のある人

基本の意味 逆位置

回復の兆し、明るい予感、嘘、偽り・真実に気づく、物事が好転する、誠実さ、変化、懸念、誤診、秘密の行動、夜、夢、故郷、移ろいやすさ、小さなミス、サイキック、直感力のある人

スポンサーリンク

月(The Moon) 解釈例・1

片思いの相手の気持ち 正位置

お相手様は、精神的に不安定な状態のよう

心配ごとがあるのかもしません。

恋愛にエネルギーを注げる状態ではないのです。

お相手様の状態が好転するのを待ちましょう。

片思いの相手の気持ち 逆位置

お相手様は、あなたのミステリアスなところに惹かれているようです。

どういう人なのかもっと知りたいと思っているみたい。

あなたから積極的にコミュニケーションを取ってみて。

スポンサーリンク

月(The Moon)解釈例・2

恋人の気持ち 正位置

関係に不安を覚えることがあるのでしょうか。

あなたが無意識に抱えていた不安が消えることに

お相手様の本音が見えず、隠し事をされているような気持ちになることがあるかもしれません。

しかし、今は向き合うタイミングではないよう。

お相手様の状態が好転する時を待ちましょう。

恋人の気持ち 逆位置

お相手様の本音が聞ける時がくるようです。

あなたが無意識に抱えていた不安が消えることになりそうです。

これから二人の関係には明るさが出てきます。

未来の夢を語りあえる時がくるでしょう。

スポンサーリンク

月(The Moon) 解釈例・3

復縁の相手の気持ち 正位置

お相手様は恋愛どころではない様子。

心配ごとがあるのか体調がイマイチなのか、精神的に不安定。

コミュニケーションを取っても、あなたの気遣いを受け取る余裕もなさそうです。

タイミングを待って。

復縁の相手の気持ち 逆位置

お相手様は、復縁を考えることもあるようですが、積極的ではないみたい。

お付き合いの中で感じたネガティブな感情がぬぐえきれないのです。

過去の問題点について話し合うことが復縁の一歩になるかも。

スポンサーリンク

月(The Moon) 解釈例・4

仕事 正位置

ストレスが限界に達しているようです。

このまま仕事を続けると、心も身体も壊してしまうかも。

休むことを最優先に。

退職も選択肢にして。

仕事 逆位置

自分のやるべきことや、自分に必要なことが見えてきたかもしれません。

状況は次第に好転していくでしょう。

あと少しの辛抱です。

転職はインスピレーションで。

監修・文責 瑚河 慧(こかわ けい)
占い師・ヒーラー。
都内有名占い館での対面鑑定を経て独立。
対面による占い鑑定、ヒーリングセッションのほか、占いレッスン、電話鑑定、メール鑑定、電子書籍やコンテンツの執筆・監修などを行う。
鑑定については 瑚河慧オフィシャルサイト をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました