ペンタクルの10/Pentacles 10

タロット

タロットカード、小アルカナの意味を解説していきます。

ここでは、ライダー・ウェイト版を使って説明していきます。
実際の占いでは、カードのコンビネーションなどによって意味が強まったり弱まったり、また、読み手(リーダー、占い師)のセンスによって意味が変わってくることもあります。

ここで紹介するイメージは、あくまで筆者のイメージであり、意味はごくごく基本的なものです。

スポンサーリンク

ペンタクルの10(Pentacles 10) イメージ

ペンタクルのスートは、お金や物質に関することがテーマ。

※スートの意味はこちらから

ペンタクルの10のカードは、大団円のカード。

イメージとしては、マンガ日本昔話のラスト、

「大きな家で、家族に囲まれて、幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたし」

です。

ペンタクルの10のカードには、いかにもお金持ちそうなおじいさん(と子供夫婦と孫)、いかにもお金持ちそうなアーチ状の門、いかにもお金持ちが飼っていそうな犬(2匹)が描かれています。

ペンタクルの10の幸せは、物質的にも恵まれた幸せなのです。

正位置は、財産・資産を含めた意味での家の繁栄を表します。

家柄が良いことだったり、社会的地位やステイタスも表します。

恋愛では、物質的に恵まれたお付き合いです。

そもそもの家柄が良い人とのお付き合いだったり、ハイスペックな人とのお付き合いを表すことが多いです。

また、そういう人との結婚を意味することもあります。

逆位置では、手にしていた資産を失ったり、仕事を失う、家が離散することを表します

明治維新で没落した大名家、みたいな感じ。

太宰治の『斜陽』の兄弟、みたいな感じ。

恋愛では、お金のトラブルがくっついてくる恋愛になります。

どちらかに借金があるとか、収入が不安定とか、ね。

まれに、家柄が釣り合わなず結婚が難しいというときにも出ます。

めでたしめでたし系のカードには、カップの10のカードもあげられます。

カップの10の場合は、ささやかな幸せなので、収入的に余裕がない場合もあります。

ペンタクルの10の場合は、物質的に満たされてはじめてめでたしめでたし、になります。

スポンサーリンク

ペンタクルの10(Pentacles 10) 意味

基本の意味 正位置

財産や家族の安泰、全てが順調で完全、遺産、財産、繁栄、富、格式、祖先を敬う、大会社や官庁などでの仕事、大企業との取引、平和な環境、伝統的な手法、ステイタスがアップする、上級公務員、お金持ちの子息・令嬢、家を買う、昇進する

基本の意味 逆位置

家族の崩壊、家族と家計は不安定になる、家柄が異なる、家柄に関する問題、世代間の理解の欠如、環境の危機、人間関係は好ましくない方向へ、困難な取引、リスクの大きい勝負は避ける、大企業で出世できない人、ハイリスク・ハイリターンの投資や仕事はNG、不安定な付き合い

スポンサーリンク

ペンタクルの10(Pentacles 10) 解釈例・1

片思いの相手の気持ち 正位置

二人は両想い。

お相手様は、お互いにお付き合いにふさわしい相手だと思っているよう。

価値観が合っていたり、育ってきた環境が似ているのかもしれません。

おのずと結婚を見据えたお付き合いに進展しそうです。

片思いの相手の気持ち 逆位置

相手様にとって、あなたは恋愛対象ではないようです。

価値観や金銭感覚が合わないと感じるところがあるみたい。

お相手様は、同じような家柄の人との恋愛を求めているところもあるようです。

あきらめるのがベターかも。

スポンサーリンク

ペンタクルの10(Pentacles 10) 解釈例・2

恋人の気持ち 正位置

お相手様は、あなたとの結婚を望んでいるようです。

一緒に資産を大きくしていきたい、家を豊かにしていきたい、それができるのはあなただと思っているようです。

お互いの家族も大賛成の結婚になりそうです。

恋人の気持ち 逆位置

お相手様は、将来のことは考えていない様子

お相手様自身、収入や仕事に将来の不安を持っているのかもしれません。

安定しないお付き合いが続きそう。

早めの結婚を考えているのなら、ほかの出会いを求めた方がよさそうです。

スポンサーリンク

ペンタクルの10(Pentacles 10) 解釈例・3

復縁の相手の気持ち 正位置

お相手様は、あなたとの復縁を強く望んでいるようです。

あなたほど価値観や金銭感覚、人生観が合う人はほかにいないみたい。

お相手様から、結婚を前提とした復縁の提案がありそう。

復縁の相手の気持ち 逆位置

お相手様は、復縁には消極的のよう

金銭面でのトラブルを抱えているのかもしれません。

お付き合いをしたところで、将来を見いだせないと思っているみたい。

復縁はあきらめるのがベターかも。

スポンサーリンク

ペンタクルの10(Pentacles 10) 解釈例・4

仕事 正位置

成功と富を手に入れることができそうです。

昇進・昇格・昇給もありそう。

独立や起業にもよいタイミング。

家業のある人は、家業を継ぐのもよい選択です。

仕事 逆位置

一攫千金を狙うのはNG

逆に大損をしかねません。

地味だと思える仕事であっても、コツコツと積み上げることが大切。

監修・文責 瑚河 慧(こかわ けい)
占い師・ヒーラー、株式会社atelier K代表。
都内有名占い館での対面鑑定を経て独立。
対面による占い鑑定、ヒーリングセッションのほか、占いレッスン、電話鑑定、メール鑑定、電子書籍やコンテンツの執筆・監修などを行う。
鑑定については 瑚河慧オフィシャルサイト をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました