ソードの3/Swords 3

タロット

タロットカード、小アルカナの意味を解説していきます。

ここでは、ライダー・ウェイト版を使って説明していきます。
実際の占いでは、カードのコンビネーションなどによって意味が強まったり弱まったり、また、読み手(リーダー、占い師)のセンスによって意味が変わってくることもあります。

ここで紹介するイメージは、あくまで筆者のイメージであり、意味はごくごく基本的なものです。

スポンサーリンク

ソードの3(Swords 3) イメージ

ソードのスートは、損失や敗北など人生における悲哀がテーマ。

※スートの意味はこちらから

ソードの3のカードを見てみると、ハートにソード(剣)が3本刺さっています。

この絵からのイメージの通り、ソードの3はとにかく心が痛いカードです。

ソードのスートのテーマは、損失や敗北など人生における悲哀。

なので、悲しみや辛さを意味するカードのオンパレードなのですが、中でもソードの3はかなりヘヴィー。

ぼろっぼろに心が折れてた感じです。

だって、ハートに直接ソードが刺さってますからね・・・。

正位置では、グッサグサに心が傷ついていることを表します。

逆位置では、グッサグサに心が傷ついているんですが、2回目なので痛み耐性ができていることを表します。

逆位置になったからといって、痛みはやわらぎません

外科的な手術を意味することもあるのですが、その場合も、正位置も逆位置も手術はします。

逆位置は2回目だからちょっと慣れてるよね、痛みも少ないよね、みたいな感じ。

(痛みが少ないなんてことはないんだけど、カードのイメージはこうなんです・・・)

正位置も逆位置も、とにかく痛いです。

ソードの3のカードは、何度行っても慣れない歯医者さんみたいなものですね。

スポンサーリンク

ソードの3(Swords 3) 意味

基本の意味 正位置

状況の厳しさ、心が深く傷つく、終わり、分割、別れ、失敗、損失、破局、三角関係、古い考えや環境を捨て新しいものを取り入れる、別れて良かった恋愛、離婚、別居、移転、損失を体験し成長する、必要な外科手術、中絶をひきずっている人、ケガ注意

基本の意味 逆位置

別れ、失敗、損失、思ったよりも苦痛の少ない外科手術、混乱、無秩序、不倫の恋、精神的疲労、反道徳、あまりつらくない別れ、失恋

※正位置とほぼ同じ意味を持つ(以前に経験したことなので以前より痛みは小さい)

スポンサーリンク

ソードの3(Swords 3) 解釈例・1

片思いの相手の気持ち 正位置

お相手様にとって、あなたは恋愛対象ではないみたい

ほかに特別な存在の異性があるのかもしれません。

アプローチしても、あなたが傷つく結果になりそうです。

片思いの相手の気持ち 逆位置

お相手様にとって、あなたは恋愛対象ではないみたい

ほかに特別な存在の異性があるのかもしれません。

あなたが遊びの関係でも納得した上でなら、関係を進めることはできるでしょう。

しかし、傷つくのはあなたです。

スポンサーリンク

ソードの3(Swords 3) 解釈例・2

恋人の気持ち 正位置

二人はお互いに傷つけてしまう相手のよう

恋愛の相手ではなかったのかもしれません。

ふさわしい相手はほかにいるようです。

別れてよかったと思えるときがくるはずです。

恋人の気持ち 逆位置

好きになってはいけない相手を好きになってしまったのかもしれません。

お付き合いを続けると、心の傷がより深くなっていきそう。

ふさわしい相手はほかにいるようです。

別れてよかったと思えるときがくるはずです。

スポンサーリンク

ソードの3(Swords 3) 解釈例・3

復縁の相手の気持ち 正位置

お相手様は、復縁は望んでいないよう

あなたとのことは、過去のこととして整理がついているのですね。

復縁を求めても、心の傷が深くなるだけ。

復縁は潔くあきらめるのがベターです。

復縁の相手の気持ち 逆位置

お相手様は、復縁は望んでいないよう

復縁しても同じことの繰り返しになる、また傷つけあうことになるということがわかっているのですね。

復縁は潔くあきらめるのがベターです。

スポンサーリンク

ソードの3(Swords 3) 解釈例・4

仕事 正位置

大きな失敗や損失を出してしまうようなことがあったのでしょうか。

今は、状況を冷静に見ること、状況に応じた対策を取ることを第一にしましょう。

リアクションの姿勢が吉。

仕事 逆位置

大きな失敗や損失を出してしまうようなことがあったのでしょうか。

過去にも同じようなことがあったはず。

経験から対応策が見いだせるはず。

監修・文責 瑚河 慧(こかわ けい)
占い師・ヒーラー。
都内有名占い館での対面鑑定を経て独立。
対面による占い鑑定、ヒーリングセッションのほか、占いレッスン、電話鑑定、メール鑑定、電子書籍やコンテンツの執筆・監修などを行う。
鑑定については 瑚河慧オフィシャルサイト をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました