ソードの2/Swords 2

タロット

タロットカード、小アルカナの意味を解説していきます。

ここでは、ライダー・ウェイト版を使って説明していきます。
実際の占いでは、カードのコンビネーションなどによって意味が強まったり弱まったり、また、読み手(リーダー、占い師)のセンスによって意味が変わってくることもあります。

ここで紹介するイメージは、あくまで筆者のイメージであり、意味はごくごく基本的なものです。

スポンサーリンク

ソードの2(Swords 2) イメージ

ソードのスートは、損失や敗北など人生における悲哀がテーマ。

※スートの意味はこちらから

ソードの2のカードには、目隠しをしてソード(剣)を持っている人物が描かれています。

ちょっとでもバランスを崩したら、ソードを落としてケガを負ってしまうので、この状態をキープするしかないのです。

ソードの2は、今ギリギリの状態である、ということを表しています。

正位置は、今の状態キープです。

何も動かさない・動けない、何も決めない・決められない、です。

逆位置になると、正位置の状態から解放されることを意味します。

状況次第では動けるようになる、決められるようになる、という感じですね。

イメージとしては、法事でずっと正座していなければいけない状態かな。

正位置では、足を崩すと偉い人に怒られるので、足のしびれを我慢して正座をキープ。

法事が終わるのをひたすら待ちます。

法事が終わって、偉い人から足を崩してください、と言われるのが逆位置です。

また、ソードの2のカードは、絵の背景に海が描かれています。

タロットの世界で水(海、川、湖など)は感情や感性の表れ。

正位置では、芸術関係の才能やチャンスを意味することもあります。

スポンサーリンク

ソードの2(Swords 2) 意味

基本の意味 正位置

状況の好転を待つ、決断は後に回す、力のバランス、調和、一時的な平和、冷静さを取り戻す、行き詰まり、均衡状態、相談相手がいない、まだ解決しない問題、どちらか選べない(今は選ばず待つ)、受身、相手に決めさせる、芸術関係に有利、美術関係

基本の意味 逆位置

周りの状況を見て決心する、周りの人が下す決断、停滞からの脱出、選択、解放、孤独な生活の終わり、アイディアを実行に移す、行動に出る、嘘、偽りの恋、浮気、裏切り、不誠実、悪口、水辺の事故

スポンサーリンク

ソードの2(Swords 2) 解釈例・1

片思いの相手の気持ち 正位置

お相手様は、恋愛どころではない様子

今は現状キープで状況が変わるのを待ちましょう。

お相手様は恋には受け身のタイプのよう。

コミュニケーションのきかっけは、あなたからがいいみたい。

片思いの相手の気持ち 逆位置

お相手様は、今は真剣な恋愛は求めていないようです。

あなたが遊びの関係でも納得した上で、なら、関係は進展させることはできるでしょう。

その場合、アプローチはあなたから。

スポンサーリンク

ソードの2(Swords 2) 解釈例・2

恋人の気持ち 正位置

なんとなく停滞感が漂っているかもしれません。

今は将来の話しはしない方がよさそうです。

進むことも戻ることも決めることも今はせず、日々のコミュニケーションを重ねていきましょう。

いずれ、状況に変化が出てくるでしょう。

恋人の気持ち 逆位置

先延ばしにしてきた未来の決断を、そろそろするときがきているようです。

お付き合いの相手が決断がニガテなタイプのようなら、あなたが先回りして決めていきましょう。

お相手様はあなたが決めることに反対はしないでしょう。

まずは、あなたの望みを話してみて。

スポンサーリンク

ソードの2(Swords 2) 解釈例・3

復縁の相手の気持ち 正位置

お相手様の気持ちはどっちつかず

復縁がイヤなわけではないようですが、自分から動くつもりはないようです。

もしあなたから復縁の提案があったらそこから考えることになるようなので、

もしあなたから復縁の提案があったらそこから考えることになるようなので、思い切って復縁の提案をしてみましょう。

復縁の相手の気持ち 逆位置

お相手様は、あなたとの復縁も考えているよう

でも、ほかの異性とうまくいかなかった場合、というように条件があるみたい。

まずは、あなたから復縁の提案をして、お相手様に考える時間を持たせてみて。

スポンサーリンク

ソードの2(Swords 2) 解釈例・4

仕事 正位置

今は周囲の状況をよく観察しましょう。

急いで動くとかえってパフォーマンスを落としてしまいそうです。

ここぞのタイミングで動けるように、準備だけはしておいて。

転職は、あなたのセンスを生かせる仕事がよさそう。

仕事 逆位置

状況に従って動くべき時です。

異動や転勤の話しは受けるのがよいでしょう。

決め事は、自らの意思ではなく、状況・環境や周囲の人とのバランスで決めて。

監修・文責 瑚河 慧(こかわ けい)
占い師・ヒーラー、株式会社atelier K代表。
都内有名占い館での対面鑑定を経て独立。
対面による占い鑑定、ヒーリングセッションのほか、占いレッスン、電話鑑定、メール鑑定、電子書籍やコンテンツの執筆・監修などを行う。
鑑定については 瑚河慧オフィシャルサイト をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました