魔術師/The Magician/マジシャン

タロット

タロットカード、大アルカナの意味を解説していきます。

ここでは、ライダー・ウェイト版を使って説明していきます。

実際の占いでは、カードのコンビネーションなどによって意味が強まったり弱まったり、また、読み手(リーダー、占い師)のセンスによって意味が変わってくることもあります。

ここで紹介するイメージはあくまで筆者のイメージであり、意味はごくごく基本的なものです。

スポンサーリンク

魔術師(The Magician) イメージ

魔術師のイメージは、自らの研究課題を追究する研究者

また、自らの技を究めるために修行に専念している職人

また、独創的なアイディアを出すだけでなくコーディネイトする能力やアイディアを実現化する才能をもったアーティストです。

自信、信念、才能は、マジック(魔術)。

正位置では、そのマジックで不可能に思えることを可能にします

魔術師のカードには、役に立つ道具(ワンド、カップ、ソード、ペンタクル)が描かれています。

愚者では可能性だけしか持っていなかったのに、魔術師では武器(スキル)を手に入れました。

魔術師のカードは、さらに可能性が広がったことを表しています。

愚者のカードで旅をして人生を探求し、成就の鍵を手に入れた・・・それが魔術師です。

逆位置では、まだ武器が使えない状態です。。

頭の良さを詐欺に使っている人とか、才能の無駄遣いをしている人は、まさに魔術師の逆位置。

スキル(道具)は持っているのに活かせない人、能力を間違った方向に発揮している人、口先だけの人なんかも魔術師の逆位置です。

スポンサーリンク

魔術師(The Magician) 意味

基本の意味 正位置

アイディア、意思、自意識、新企画、野心、目的、計画、知力、才能、独創性、柔軟性、自信、信念、自立、スペシャリスト、目標、確信、可能性、行動力、自己形成、自己成長、プライドが高い人、もてる人、口がうまい人、器用、IT、美容師、ファッション

基本の意味 逆位置

詐欺、大風呂敷を広げる、未熟、不足、消極的、非現実、利己主義、不誠実な男性、頭のよさをペテン・陥れ・ずるさに使用する、プライドだけ高くて何もできない人、コツコツやることが苦手な人、みつがせる男性

スポンサーリンク

魔術師(The Magician) 解釈例・1

片思いの相手の気持ち 正位置

お相手様は、あなたとのこれからの関係に期待を持っています。

自分があなたに好意を寄せられていることに自信を持っています。

お相手の方から恋愛関係に発展させるアプローチがありそうです。

片思いの相手の気持ち 逆位置

お相手様はあなたに興味を抱いている様子。

あなたのことをもっと知りたいと思っているようです。

恋愛に発展する可能性は十分あるので、コミュニケーションを取ることを心がけて。

スポンサーリンク

魔術師(The Magician) 解釈例・2

恋人の気持ち 正位置

お相手様は、あなたとの恋愛に積極的になっています。

将来のことも視野に入れている様子です。

あなたが女性なら、彼のリーダーシップを信じてついていって。

あなたが男性なら、彼女を引っ張っていってあげて。

恋人の気持ち 逆位置

お相手様は、あなたとのお付き合いに刺激が足りないと思っているところがありそう。

デートプランなど積極的に提案してみて。

未来のこともまだ描けていないよう。

あなたから具体的な未来予想図を話してみて。

スポンサーリンク

魔術師(The Magician) 解釈例・3

復縁の相手の気持ち 正位置

お相手様は復縁に積極的。

また、今でもあなたの気持ちが自分に向いている、と自信を持っている様子でもあります。

お相手様から復縁に向けてアプローチがありそうです。

復縁の相手の気持ち 逆位置

お相手様は復縁には後ろ向き。

あなたとは、楽しいと思うことや、興味の対象が違ったという思いが強いようです。

新しい可能性・新しい恋愛を望んでいるようです。

スポンサーリンク

魔術師(The Magician) 解釈例・4

仕事 正位置

あなたの才能が開花するとき。

周囲からも積極的な姿勢が評価されます。

IT系などの頭を使う仕事であれば、あなたのスピーディーな仕事ぶりや賢さに注目が集まります。

仕事 逆位置

あなたの頭の良さの使いどころを間違えているようです。

使いどころを見極めてください。

知らず知らずのうちに、詐欺的な仕事に加担していることもありそう。

周囲をよく観察して。

監修・文責 瑚河 慧(こかわ けい)
占い師・ヒーラー。
都内有名占い館での対面鑑定を経て独立。
対面による占い鑑定、ヒーリングセッションのほか、占いレッスン、電話鑑定、メール鑑定、電子書籍やコンテンツの執筆・監修などを行う。
鑑定については 瑚河慧オフィシャルサイト をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました