ソードの4/Swords 4

タロット

タロットカード、小アルカナの意味を解説していきます。

ここでは、ライダー・ウェイト版を使って説明していきます。
実際の占いでは、カードのコンビネーションなどによって意味が強まったり弱まったり、また、読み手(リーダー、占い師)のセンスによって意味が変わってくることもあります。

ここで紹介するイメージは、あくまで筆者のイメージであり、意味はごくごく基本的なものです。

スポンサーリンク

ソードの4(Swords 4) イメージ

ソードのスートは、損失や敗北など人生における悲哀がテーマ。

※スートの意味はこちらから

ソードの4のカードには、ベッドに横たわった人物とソード(剣)が描かれています。

そして、横たわる人物の真横には、いつでも戦いに出かけられるようにソード(剣)が置かれています。

眠るときも枕元に日本刀を置いる戦国武将みたいですよね。

ソードの4のカードのイメージは、まさに戦国武将。

常に戦が続いている中で、今回の戦いに敗れてしまったのです。

正位置は、次の戦いに向けて休息を取っていることを表します。

この休息は、本人の希望での休みというよりも、休まざるをえないぐらい疲弊しているというニュアンスになります。

ここで休んでおかないと死ぬぞ、みたいな感じ。

逆位置になると、しっかりと休息を取って気力・体力が回復、再び戦いに出ることを表します。

ソードの4の逆位置が意味する再起は、かなり強いもの。

次に負けたらあんた死ぬよ、ぐらいの意味合いになります。

というか、それぐらいの強い意志で今回はやり遂げろってことなんですけどね。

ソードのカードに共通して言えることですが、ソードのスートは生きるか死ぬかみたいなスリリングなヒリヒリ感のあるので、戦のイメージに重ねるとニュアンスが理解しやすいかも。

スポンサーリンク

ソードの4(Swords 4) 意味

基本の意味 正位置

今は休息すべき時、解決のめどは立たない、休みをとる、今休むことでより高いところを目指せる、充電、孤独、待機、静止、ストライキ、ボイコット、自宅謹慎、激務からの解放、リフレッシュするための旅行、瞑想、秘密、隠れる、墓参り

基本の意味 逆位置

復活、再生、再開、過去を一新する行動、攻撃的で大胆な行動、ストレスに立ち向かう行動(逃げ出してはいけない)、病気からの回復、社会への復帰、仕事の再開、失ったものを取り戻す、愛を引き寄せる、次に休んだら二度と起き上がれない(今回はやり遂げること)

スポンサーリンク

ソードの4(Swords 4) 解釈例・1

片思いの相手の気持ち 正位置

お相手様は、恋愛モードではないようです。

人生そのものに疲れ果てているのかも。

今は一人でいたいみたい。

お相手様を気遣うコミュニケーションにとどめるのがよさそう。

片思いの相手の気持ち 逆位置

お相手様は、過去の辛い恋の経験から、一人でいることを選んでいたようです。

しかし、あなたの存在によって、また恋をしたいという気持ちが生まれたよう

お相手様からアプローチがありそうです。

スポンサーリンク

ソードの4(Swords 4) 解釈例・2

恋人の気持ち 正位置

お相手様は、お付き合いに疲れてしまっている様子

仕事のストレスも強いのか、今は一人の時間がほしいと思っているようです。

お相手様を想うのであれば、そっとしておいてあげるのも愛情です。

恋人の気持ち 逆位置

お相手様は、あなたの信頼や愛情をしっかりと手にしたいと思っているよう

そのために、新しい行動をしてくることになりそうです。

新しい関係、よりよい関係の構築のための行動です。

二人の関係は、新しいステージに入っていくでしょう。

スポンサーリンク

ソードの4(Swords 4) 解釈例・3

復縁の相手の気持ち 正位置

お相手様は、復縁は望んでいないよう

復縁というよりも、恋愛どころではないようなのです。

自分のことでいっぱいいっぱいの様子です。

復縁は、お相手様の状況が変わるまでいったんあきらめるのがベターです。

復縁の相手の気持ち 逆位置

お相手様は、あなたとの復縁を強く望んでいるようです。

次は絶対に別れない、次は絶対に同じ失敗を犯さない、そんな強い意志を持っているみたい。

お相手様から復縁の提案がありそうです。

スポンサーリンク

ソードの4(Swords 4) 解釈例・4

仕事 正位置

ストレスいっぱいですね。

疲れすぎていて眠れない状態かもしれません。

長めの休暇をとって、心身をしっかり休めたいタイミングです。

大事に至る前に、積極的に休息を

仕事 逆位置

次は失敗できません。

不退転の覚悟で臨めばうまくいくでしょう。

過去の経験が、あなたを強くさせています。

問題解決のヒントは過去にあります。

監修・文責 瑚河 慧(こかわ けい)
占い師・ヒーラー、株式会社atelier K代表。
都内有名占い館での対面鑑定を経て独立。
対面による占い鑑定、ヒーリングセッションのほか、占いレッスン、電話鑑定、メール鑑定、電子書籍やコンテンツの執筆・監修などを行う。
鑑定については 瑚河慧オフィシャルサイト をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました