ペンタクルの8/Pentacles 8

タロット

タロットカード、小アルカナの意味を解説していきます。

ここでは、ライダー・ウェイト版を使って説明していきます。
実際の占いでは、カードのコンビネーションなどによって意味が強まったり弱まったり、また、読み手(リーダー、占い師)のセンスによって意味が変わってくることもあります。

ここで紹介するイメージは、あくまで筆者のイメージであり、意味はごくごく基本的なものです。

スポンサーリンク

ペンタクルの8(Pentacles 8) イメージ

ペンタクルのスートは、お金や物質に関することがテーマ。

※スートの意味はこちらから

ペンタクルの8のカードに描かれた人物は、ペンタクル(金貨)をコツコツと積み上げる職人です。

壁にはすでに完成したペンタクル(職人が作った物)が5つもあります。

でも、この職人はコツコツと作り続けます。

ペンタクルの8のカードに描かれた職人は、手抜きやサボりが嫌いな真面目一本やりの職人さんなんです。

こうした職人に象徴されるかのように、正位置は、何事にも手抜きせずにコツコツと頑張ることを表します。

仕事で確固とした地位を得ていても、新しいスキルを得ることに貪欲な人のイメージです。

通勤電車で資格のテキストを読んでいる人は、まさにペンタクルの8の正位置。

恋愛では、コツコツと思い出を積み上げていくような、一段一段着実にステップアップしていくような真面目な恋愛

面白味はないけれど、堅実で安定感抜群の恋愛です。

逆位置になると、手抜きサイコー! です。

できるのにやらない人です。

恋愛は、不誠実な恋愛になります。

うぬぼればっかり強い人との恋愛とか、金銭目当ての詐欺的な恋愛です。

ちなみに、職人を意味するカードには、ペンタクルの3もあります。

イメージとしては、ペンタクルの3は親方クラスの職人で、ペンタクルの8はまだ吸収する余白のある職人。かな。

ペンタクルの3の逆位置は、腕がイマイチなのに口だけは一人前の職人

仕事にあぶれて赤ちょうちんでクダまいてそうなタイプ。

ペンタクルの8の逆位置は、能力はあるのに手抜きする職人

親方でもある父親に反抗して、家を飛び出してそうなタイプ。

スポンサーリンク

ペンタクルの8(Pentacles 8) 意味

基本の意味 正位置

より高収入への可能性、新しいことへの挑戦、将来認められる可能性、職業訓練、資格取得、スキルアップ、研究、計画の達成、商売、準備、仕事の達人になる、新たな道、自己発見、完成、雇用、契約、仕事の旅は吉、コツコツ一途に頑張る、思い出をコツコツ作る恋愛

基本の意味 逆位置

能力はあるのに手抜きをする、道徳心の欠如、詐欺、横領、脱税、裏工作、うぬぼれが強い、自滅していく人、人を踏み台にする人、幻滅、志のない人、空しさ、知識・技術の悪用、できるのに頑固で自滅する人、やればできるのにやらない人

スポンサーリンク

ペンタクルの8(Pentacles 8) 解釈例・1

片思いの相手の気持ち 正位置

お相手様は、真面目な想いであなたとの交際を望んでいるようです。

たくさんの思い出を二人で作っていきたいと思っているよう。

お相手様から、真剣な告白がありそうです。

片思いの相手の気持ち 逆位置

お相手様は、恋愛に真剣さを持っていない方みたい

自分にメリットがある人としか、付き合いうつもりはないようです。

アプローチがあったら、金銭目的の可能性も。

進展はあきらめるのがあなたのためでもあるでしょう。

スポンサーリンク

ペンタクルの8(Pentacles 8) 解釈例・2

恋人の気持ち 正位置

お相手様は、真剣に結婚を考えている様子

ささやかな幸せや思い出を一緒に紡いでいけるお相手だと思っているようです。

誠実に愛をはぐくんでいける相手です。

きちんと段階を踏んで、結婚へと進んでいくでしょう。

恋人の気持ち 逆位置

お相手様は、将来のことは考えていない様子

今は、あなたと付き合うことにメリットがあると感じているので、お付き合いをやめるつもりはありません。

金銭的にあなたが支えているような関係なら、むしろ早めに別れの選択を。

スポンサーリンク

ペンタクルの8(Pentacles 8) 解釈例・3

復縁の相手の気持ち 正位置

お相手様は、あなたとの復縁を望んでいるようです。

あなたと一緒なら、仕事ももっと頑張れる、人生に充実感を持てると思い至ったようです。

お相手様から、結婚を前提とした復縁の提案がありそう。

復縁の相手の気持ち 逆位置

お相手様は、復縁は考えていないようです。

恋愛やパートナーシップそのものに不誠実なところもあるようです。

アプローチがあったら、金銭目的の可能性も。

復縁はあなたにとってマイナスでしかありません。

スポンサーリンク

ペンタクルの8(Pentacles 8) 解釈例・4

仕事 正位置

コツコツと真面目な仕事ぶり、向上心が周囲から評価されています

エキスパートとして後輩や部下の指導を頼まれるかも。

昇進・昇格・昇給も期待できます。

さらなるスキルアップ、資格取得にもよいタイミングです。

仕事 逆位置

手抜き仕事、やっつけ仕事は厳禁です

今の場所が、能力を発揮できる場所でないなら転職を考えるのもアリ。

転職は、専門的な資格を必要とする仕事がよさそうです。

職人の世界に飛び込むのもアリ。

監修・文責 瑚河 慧(こかわ けい)
占い師・ヒーラー。
都内有名占い館での対面鑑定を経て独立。
対面による占い鑑定、ヒーリングセッションのほか、占いレッスン、電話鑑定、メール鑑定、電子書籍やコンテンツの執筆・監修などを行う。
鑑定については 瑚河慧オフィシャルサイト をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました